複合キーワードの注意点

合キーワードを使う上での注意点とは?

複合キーワードは無限に存在します。

そして、検索するユーザーの目的が明確に表れます。

learning_img1_32

「安い ダイエット サプリ」という

複合キーワードであれば、ユーザーの意図として

「安いダイエッサプリを探している」ということが

読み取れますよね?

しかし、これはキーワードだけを見た場合の考えに

過ぎません。キーワードの読み方としては決して間違えている

わけではありませんが、ユーザーの気持ちをもう少しだけ

考えてみましょう。すると、また違った意図が読み取れてきませんか?

たとえば、なぜ安いダイエットサプリがほしいのかを考えてみてください。

おそらく、痩せたいけどお金がないから、安いサプリを探していると

考えられないでしょうか?

ここで、なにを言いたいかというと、キーワードで読み取れる意図

だけではなく、「ユーザーの根本の目的」を考えなければならない

ということです。

「安い ダイエット サプリ」と検索しているユーザーの一番の目的は

「痩せること」です。

決して「安いサプリを購入すること」ではありません。

ここで、安いダイエットサプリをユーザーに提供したところで

ユーザーが「痩せる」と思わなければその商品を買ってくれることは

ないでしょう。

このように、どんな商品を売る場合でもユーザーの「根本の目的」を

見抜き、その目的を達成させるためのキーワードを用意することで

稼げるキーワードとなるのです。

そもそも安さを求めるユーザーは値段の安さばかりを求めている

わけではありません。

そのようなユーザーは物を買うことに対して、人一倍慎重な

タイプということです。

自分が損をしないようにするという基準があるため値段に

こだわっているだけなんです。

ですから、効果が期待できて、値段もそれに見合うと判断した場合は

ユーザーは損はしないと考えます。

そこに「お得感」を感じることができれば、多少の高額な商品だとしても

購入してしまいます。

商品の効果が期待できれば安さよりも勝つ場合があるということを

理解しておいてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク