結果につながる記事を書く

記事を書く上で大切なこと

1・読者目線

2・キーワード

3・ターゲット選定

4・専門性

5・コンテンツの充実、情報量

以上の5つを考慮した記事を作る。

1.読者目線

決して自己満足な記事で終わってはいけません。

初めて訪れた人に「このサイトいいな」と思われるように意識し、相手の立場に立って考えることを心掛けていきましょう。

これは記事でけではなく、すべてのサービスに共通することなので積極的に取り入れていきましょう。

2.キーワード

これはタイトルを工夫するということです。せっかく良い内容の記事を作っても、読んでもらえなければ意味がありません。

読んでもらうためには最も重要なのがタイトルです。

訪問者がその記事を読むかどうかは、タイトルで決まるといっても過言ではありません。

身近なところでいうと、テレビや雑誌などのメディアでも同じことがいえますよね。あなたが番組を見るときに、番組表のタイトルで決めることが多々あると思います。それと同じことが言えるのです。わかっていただけたかとは思いますが

タイトルを意識するかしないかで、結果が大きく変わるのは間違いありません。

3.ターゲット選定

この記事を読んでもらいたい人を具体的に、明確にしていく。その結果、相手に伝わりやすい記事を書くことができます。

極端にいうと、ターゲットをたった一人に絞るということです。

年齢、性別、居住地、家族構成、職業、悩みなど、ありとあらゆる情報をたった一人に集約して、そのイメージした人物を意識し

話しかけるようなイメージで記事を書くといいでしょう。

4.専門性

商品やサービスを紹介していきたい場合は、その商品やサービスについての知識が必要になってきます。わからないとかわかりにくいなと感じた場合は、すぐに情報集をして取り入れていきましょう。

専門的なものに対しては、参考書や書籍を読むようにして、その分野での専門家になれるように勉強していくべきだと思います。

物販系の場合は自ら商品を購入し実体験をもとに一連の流れを紹介するとよいでしょう。生の声が商品を紹介する上での最大の武器となります。

5.コンテンツの充実、情報量

コンテンツの質、量ともに薄っぺいものだと、継続的にファンを増やしていくことはできません。

自分のブログのテーマに関する、情報収集と情報発信は怠らず更新していくことが大切です。常に最新の情報を提供できるように心掛けていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク