購買意欲の高いキーワードとは?

買意欲の高いキーワードとは

情報を探しているユーザーが打ち込むキーワードの

3つの行動パターンを

まずは、理解する必要があります。

その3つの行動パターンとは、

「する」「知る」「行く」ということです。

consumer-psychology

「する」という行動パターンは、商品を買う、資料請求する

査定に申し込む、見積もりを出す、動画を観る、といった

「行動を起こす」ために検索キーワードを打ち込むことなります。

たとえば、車を売りたい場合は、

「車 買取 査定」「中古車 買取 見積もり」

といったキーワードは、検索ユーザーが検索した後に

何かしらの行動を起こすことを考えて、検索されているキーワードです。

特徴は、「すぐ行動すること」が前提となったキーワードとなります。

「知る」という行動パターンは、

「知識を得る」ために検索されているキーワードです。

たとえば、街で見かけた新しい車をの情報を調べるなら

「車名 新車 情報」などといったキーワードを打ち込むことによって

情報を得ようとします。

この行動パターンの特徴は

「情報収集」することが最大の目的となっています。

「行く」という行動パターンは、

具体的に、Yahooオークションを見に行きたい、アメブロにログインしたい

YouTubeで動画が観たいなどといった、

「行きたいホームページが決まっている」のが前提で検索されています。

この行動パターンの特徴は「特定のホームページに興味がある」

ということが前提でキーワードが打ち込まれているということです。

この3つの行動パターンのうち購買意欲の高いキーワードは

どれに当てはまるのでしょうか?

もうお分かりかと思いますが

それは「する」に分類されるキーワードです。

「する」に分類されるキーワードは、他のどの行動パターンの

キーワードに比べて、購買意欲が高いキーワードです。

この「する」という行動パターンのキーワードを

うまく活用していくことが、成果を上げるコツとなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク